16ヶ月

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。暗いと見せかけて暗くないですよ!

しかしどうにもわたしの文章は不安とか悲しさとか、そういうマイナスの感情によって生まれてくるものみたいだ。

 

めぐろくんをすきになって、なにも知らないわたしはファンになったさいしょのころ不安しかなくって、ユニットに無所属のJr.という心許なさにいなくなっちゃいそうだっておもって、無所を応援することに少し慣れてきたらすぐに彼の周りにおおきな環境の変化があってまたちょっと不安になって。去年はその揺れるきもちに突き動かされて書かずにはいられないってかんじだった。

 

でも気づけばめぐろくんの歩く道は安定したものになってきて、それは彼が宇宙Sixの一員になったこともあるし、「メンバー」からの影響もあるし、本人の成長もあるし、それからわたしが見てきた時間が積み重なってきたこともあるとおもう。時間が全てじゃないのはもちろんだけど、信頼とは過ごした時間と無関係じゃないのだとおもう。

 

亀梨さんのソロコンを観にいけなくてしんどくて、それでも舞台が決まって、湾岸もあって、なんだかんだ幸せなことが多くて、文章に起こさなくてもやってこれた。それはいいこと。わたしはケチだからこの目で見ためぐろくんのことは独り占めしたいんだ。一部をTwitterに残すことはあっても、言葉でうまく表せない部分をむりやり言葉に落としこむとぜんぶ嘘になってしまう気がしてしまう。だから、わたしが見たものはわたしだけのもの。わたしの大切なめぐろくん、にしちゃうのだ。

 

湾岸もハッピー、桃山もハッピーでやってきたけど、言葉を吐き出したい気持ちになったのは韓国のアイドルの方が亡くなったのとか、はじめて好きになったアイドルが結婚したとか、そういうこと。

 

むずかしいなーっておもう。「応援する」って言葉をなにかと使いがちだけど、わたしのきもちが本当に彼らの応援になるかなんてわからない。勝手に好きでいて、良かれとおもってすることがいつの間にかだれかを追いつめているのかもしれない。現実の人間関係でもそうだけど。だれも傷つかなければいいのにな、とおもうけれど、それはきっと無理な話で、だから、もしも傷を受けてもそれがきちんと治るものであるように。目の前に表れる壁がなんとか乗り越えられるものであるように。ずっとがんばってがんばってがんばった末に折れずに喜びを感じられるように。こんな祈りだって条件によってはのろいに変わってしまうのだろうと思いつつ。きっとわたしのたのしいとあなたのたのしいの距離がなるたけ近いといい。そうすればわたしのきもちであなたの後押しができる可能性が上がるでしょう?

 

みたいなことを年末に考えていたけれど、年が明けたら気分も明るくなってきた。なにしろ「今年ももう終わっちゃうけど来年がすぐやってくるから嬉しいね」ってめぐろくんが言うので。カウコンお疲れさま!ことしもきっとだいすきだよ!

 

 

 

13ヶ月

にねんめいっぱつめだ〜!

そして、その始まりはなんと、自担の子の主演舞台のお知らせでした。すっごいな〜!

 

1年前の記事をふりかえったら、まだそのときは少クラに隔月くらいで出ている頃で、そしてわたしはその出番に悔しさを感じていたみたいだ。すごいな、あのときと全然世界がちがうんだな。どちらがいい悪いではなく、ガラッと変わった風景に改めて驚かされる。

 

舞台、演技経験の少ないなかで突然主演をやるのが大変なのは想像に難くないけれど、めぐろくんの度胸と人懐っこさと吸収力と、そして隣にりょちゃんがいるからだいじょうぶだ。

じぶんで書いて「隣にりょちゃんがいるからだいじょうぶ」ってことばに胸がいっぱいになってしまうな。隣にいるからだいじょうぶなひとがたくさん、たくさんに増えたな。うれしいな。

たのしみだなぁ。

 

そしてその前に湾岸LIVEもある。かめそろ我慢したぶんのご褒美と思って1回に全部をかけて焼き付けてこよう。偶然にもちょうどぴったり来月だ。たんおりした日(日にちだけだけどね)にめぐろくんのこと見られるのすごくうれしいしテンションが上がってしまうな。

 

わたしも、あなたも、そしてほかのみんなも、少しさきのたのしみな未来にむかって怪我のないようにがんばって生きましょうね。

12ヶ月

12ヶ月、です。

 

1年後にこんな未来が待ってるなんて思わなかったなあ。

わたしが思っていたよりもめぐろくんの周りの環境もお仕事も充実して、わたしには見ることができないことも多いけれど、それでも嬉しいなあと思う。

 

みーんなギリギリのところに立っているのはそりゃあ百も承知で、だから見られるときに見なきゃというのはもちろんあるのだけれど、ここ数ヶ月はチケットを追い求めるにはわたしの気力体力がそこまで追いついていなくて、亀梨さんのソロコンも見に行けそうにないままで。ツイッターでただ流れてくるレポを読むのすら、いろんな感情でままならなくて。

だけど、ここで無理してしんどくなるんじゃなくて、息の長い応援がしたいと思う。させてくれるかはだれにもわからないけれど。例えばあした突然、「そういうこと」があったとしたら、わたしは後悔するのだろうか? もっと無理をしてでも行けばよかったと思うのだろうか?

これは個人的なスタンスの問題だけど、わたしはそうは思わないと思う。いや、見たかったなぁとかそういうことは思うだろうし今だって行けるもんなら行きたいけど、でも。こんなのただの強がりだろうか。

 

わらっていてほしいなあ。たのしくいてほしいなあ。これからも。どこにいても。